ストレッチングを極めるならこの一冊「アスリートケアマニュアルストレッチング」

『アスリートケアマニュアル ストレッチング』(井上悟監修)

ストレッチングを効果的に行いたいなら、私はこの一冊をおすすめしています。
この本では、絵や図でストレッチの様子が分かりやすく書かれていて、誰にでもすぐにマネしてできるようになっています。

価格は少し高めですが、からだの専門家たちによって詳しく解説がなされています。
1つの筋肉に対して、あらゆる方向からのアプローチ法が載っているのが、とても便利。

私は、かなりこの本を参考にして患者さんにストレッチを施しています。

  1. 1人で行うセルフストレッチ
  2. 2人で行うパートナーストレッチ
  3. 静的ストレッチ(スタティックストレッチ)
  4. 動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)

など、様々なシーンで活用できます。
また、「野球選手のためのウォーミングアップ・クーリングダウン」の章もありますので、野球選手個人やチーム全体にも有効活用できます。

ぜひ参考にしてみてください。おすすめです。

 

下の動画は、上記の本を参考にしました

①野球選手のための「腸腰筋スタティックストレッチ」

②野球選手のための「腸腰筋ダイナミックストレッチ」

こちらはテーピングに関する本です