シルバーウィークは「腰痛撃退フェアー!」だよ

投球障害の主なものは「野球肩」「野球肘」です。
ガマンをして投げ続けていると、手術が必要になることも少なくありません。
ながく野球をやり続けるためにも、痛みを感じたらすぐに対処してほしい症状です。

投球時肩・野球肘の施術の流れ

カウンセリング

投球障害肩・肘に対しては、肩・肘関節の柔軟性や可動域、非常に大切な肩のインナーマッスルの筋力などを細かくチェックします。また、下半身の柔軟性や投球フォームのチェックも行い施術プログラムを立てていきます。

投球障害に対する施術

カウンセリングでの細かなチェックをもとに、全身をくまなく調整し肩関節や肘関節のスムーズな動きを取り戻していきます。
特に大切な「肩のインナーマッスル強化」「体幹の強化」「肩・股関節のストレッチ」などを徹底して行います。

投球フォームチェック

肩や肘を痛める原因には「疲労」「投げ過ぎ」「投球フォームの乱れ」など様々です。
投球フォームを見直すことで痛みのない投げ方を身につけることが可能になります。
投球動作の一連の流れの中で、チェックポイントがいくつかありますので、一つ一つチェックしながら理想のフォームを一緒に作っていきましょう。

セルフトレーニング指導

肩関節は構造上非常に不安定な関節になっています。
そのため、ただやみくもに筋肉を鍛えることは痛みの軽減に役に立つばかりか、逆に痛みを強くしてしまう原因となってしまいます。
整体しんしんでは、痛みの軽減とさらなるパフォーマンスアップのために、一つひとつステップを踏んで着実に改善していくためのセルフケアをお伝えします。

料金表(税込)

整体料金

整体(60分)
¥6,000
整体(90分)
¥9,000
コンディショニング(60分)
¥6,000
コンディショニング(90分)
¥9,000
メディカルチェックのみ(30分)
¥3,000
メディカルチェック(30分)+(整体 or コンディショニング(40分))
¥7,000